FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報教材とはためになるのか

情報教材というものをご存知でしょうか。

今更と思われるかもしれませんが、
何それという方もいると思います。


では簡単ですが、情報教材について説明します。


いまの時代、いろんな情報がインターネットで検索できます。
でも、すべての情報が正しい情報だとは限りません。


SNSなど簡単に公開できるツールが増えてきており、
感情のおもむくままに書き込むことができてしまい
その内容について正しいかどうかは、読み手の判断に委ねられます。


インターネットがここまで普及している時代でも、本屋が存在し
書籍が売れているのはなぜでしょうか。


本を出すことは簡単ではありません。内容、出版費などの他
売れる予想なども加味され、出版までに沢山の人の労力があって
初めて本が出版されます。


その為、中途半端な真実ではない情報は書けないのです。


なかには、影響力のある人が、その人の感じるままの発信を
本にしている場合があり、その内容が必ず真実かどうかは
わからない場合があります。


ただし、その本を買う人は全てを理解している為
内容が真実かどうかよりも、その人の考え方などを
共有したいから買うのです。


これらは多くの人が買うであろうという想定に基づいて
出版され、それを間違いのないものだろうという保証という形で
対価を払い、本が買われているのです。


しかし、特定の人に有益な情報が書かれた物を出版しようとしても
出版社の人が首を縦に振らなければ本になることはありません。


もしくは自費出版をする方法もありますが、宣伝力が低い場合は
どんなにそれが良い本でも世に広まることはありません。


ただし、とても有益な情報があるにも関わらず自費出版できない人と
その情報を喉から手が出るほど欲しい人が
多くはありませんが存在します。


そんな情報をPDFや動画におさめ、いろいろなやり方などを教えてくれる
ハウツー本のようなものを情報教材と呼んでいます。


そして、情報教材の作成者は、その内容によって販売価格を決定します。


安いもので数百円から高いものでは数十万するものまであります。


また、情報教材の作成者のことをインフォプレナーと呼び、
インフォプレナーは自由に価格を設定します。


では次回は、本筋である、情報教材は為になるかどうか
について話して行きたいと思っています。



テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

じゅんいちどっとこむ

Author:じゅんいちどっとこむ
40過ぎのおっちゃんが、何を血迷ったかブログを書いてみようと奮闘中。日常の事を中心に色々書いていこうと思ってます。たまには為になるような記事も書ければいいな。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。